体と心を癒すための情報を随時発信してまいります!

体にいい油と悪い油

 

油の種類は多岐にわたります。

サラダオイル、オリーブオイル、ココナツオイル、アマニオイル、バター、マーガリン・・・・。

それぞれ特徴があります。

今回はバターマーガリンについて

最近バターの値段が高くなって来ていて、スーパーでも手に入らない時期もあったり・・・、有名パティシエが国内では十分な量を入手できないのでわざわざ海外から良質なバターを輸入しているなんて話もニュースになったりしています。

 

バターは動物性

マーガリンは植物性

これだけをみると植物性の方が良さそう!

ぼくもそう思っていた時期があります。

マーガリンに代表される植物油脂は酸化しにくいようにするために植物油に水素を添加して固めたたものです。

水素を添加するとトランス脂肪酸という物質になります。

バターとマーガリンを野外に放置しておくと、バターはすぐに腐りますがマーガリンは2年経っても腐りません。

バターには蟻がたかりますがマーガリンには見向きもしません。

自然界では食物として認められていないのかもしてません。

 

「トランス脂肪酸だけはとらないで!」なんて話もよく聞きます。

実際トランス脂肪酸を取りすぎると血管が詰まるリスクが増えて来ます。

アメリカでは「2018年からマーガリンの使用全面禁止」

ヨーロッパの国々でも規制がされています。

 

なぜ日本は規制されないのか?

バターは「高い」マーガリンは「安い」

植物油脂を使わなくなると製品が高くなってしまうというのも一つの原因だと思います。

 

残念ながら、日本ではお菓子・チョコレート・菓子パン・スナック菓子・加工食品・その他いろいろ・・・商品の裏にある原材料を確認すると「マーガリン・ショートニング・植物油脂」の表示のないものを探す方が難しい現状です。

僕の大好きなお菓子にも入っていて凄く残念な気持ちになりました。

日本において植物油脂を完全に摂らないというのは、なかなか難しいというのが現実かと思いますが、なるべく避けていかないと将来血管系の病気のリスクは上がると思います。

僕の周りでも30代で脳梗塞を起こした人が3人います。

一人は、ほぼ障害なく社会復帰していますが、後の二人は体の半分に麻痺が残っています。

 

以上のことをふまえ、自分で食べるパンは少し高いですがバターを使っているパン屋を探すことにしています。

最近はパンは自分で作ることが多いです。

 

サロンで食事を出す時、ピザ生地、パンにはバターかオリーブオイルのみ。

添加物は入れません。

施術の後の食事はなるべく体に良いものを厳選して使用しておりますので、ご来店お待ちしております!

 

施術に関するお問い合わせやご予約についてはこちらをご参照ください。お待ちしております!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ヒーリングサロン「ひだまり」 , 2018 All Rights Reserved.